2011年01月10日

不動産価格は今の1/2まで下落する?

不動産市場は割安感がありますが、まだまだ下落すると
の見方があります。

先進国の中では、GDPに対して以前高水準のためです。

米国や英国を先例にすると今の1/2まで下がるであろうと
予測できます。

この下がったときが底値になるかと思います。

それまでは我慢して極力購入を控えた方がいいかもしれ
ません。

投資は我慢が必要です。

我慢できるかどうかが、投資の成功の秘訣なのかもしれ
ませんね。

何事も我慢!我慢!
posted by なわたろう at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産は利用価値で決まる時代へ

不動産は利用価値が担保価値になる時代へ突入した
と思っています。

日本は英国や米国に比べて、まだまだ不動産価格が
高いです。

現在の1/2くらいまで下がると見ています。
それだけ、売れないことを意味します。

つまり、これまでみたいに土地を持っているだけは、
資産になりません。

簡単には売れない時代なのです。

利用価値があり収入を生むものでなければ、銀行の
評価も得られなくなることでしょう。

そういった意識で、不動産を厳しく評価していかないと
投資は失敗するでしょう。
posted by なわたろう at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資は無借金経営が鉄則

不動産投資は小さく初めて大きく育てるのが鉄則です。
これはすべての投資にも当てはまります。

いきなり、借金を背負ってする投資はサラリーマンに
はリスクが大きすぎます。

片手間にやってもプロとは勝負できません。
殺人や事故死などで、一気に空室になったり、土地値
が下がり、売却してもローンが残ります。

こんな投資は安全とは言えません。

そのため、私が薦めるのが無借金で少しずつ増やして
次第に加速させていくやり方です。

・都内の中古ワンルームマンションを無借金で3つ以上
 ☆数百万円から可能!リフォーム知識が身につく!
・中古戸建を無借金で3つ以上
 ☆土地付の高収益投資へ!
・中古アパート一棟をローンで2つ以上
・そして、最後にマンション一棟をローンで1つ以上

が理想です。
つまり、十分なキャッシュフローが得られる安定した
状態にするまで我慢することが大事です。

この方法は、バブルなどを経験して痛い目にあった人
が薦める方法です。

こういった過去の失敗談が実は非常に参考になります。

昨今の成功本は投資経験が浅い人が書いたものが多く
本当の怖さを知らないものが多いです。
posted by なわたろう at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都内のワンルームマンション3戸

サラリーマンの間にまず実現しておきたい不動産投資は、
都内のワンルームマンションを3戸保有することです。

そして、無借金でも持っておくことです。
最初は借りても繰り上げ返済をして、安全な家計状態に
しておきましょう。

日本財宅などの優良な管理会社を選択して、安全に運用
すれば空室リスクが減らせます。

いきなり、土地付きのアパートやマンションは、リスクが大
のため、お勧めできません。

まずはキャッシュを安定させてから、上を目指すのがよい
と思います。

何事も小さく始めて大きく育てましょう。
posted by なわたろう at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資は都内中古ワンルームから

不動産投資にはリスクがつきものですが、いきなり高額な
土地付きの物件はハイリスクになります。

災害や事件、住人問題などで、一気に空室が広がる恐れ
があり、ローン返済ができなくなります。

そのため、借金なしでコツコツと都内の中古ワンルームを
分散して持つ方が最初はいいのです。

キャッシュフローに余裕ができてきたら、土地付きを購入
すればよいと思います。
posted by なわたろう at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空き家を利用した会議ビジネス

空き家を利用して、会議室として企業に貸し出すビジネスが
好調のようです。

昨日のガイアの夜明けでやっていました。

会議室のために、毎月家賃を払い続けるのはもったいない
ですよね。

不況ではなおさらです。
そこに目をつけたビジネスといえるでしょう。

今後もこういう空き家ビジネスが増えていくことでしょう。
不動産は自分のアイデア次第で変わります。

私はまだまだ勉強が足りないようですので、もっと勉強して
ビジネスモデルを確立していきたいと思います。
posted by なわたろう at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資で絶対に譲れない条件

不動産投資で絶対に譲れない条件は、以下です。

・電車社会であれば、駅徒歩5分以内
・車社会であれば、駐車場必須

駅徒歩5分以内と掲載されていても実際は5分以上
かかります。

それは計算値が実際のかなり速いペースで歩いた
ときの計算値であるためです。

私も賃貸にはいくつか住みましたが、駅から遠いと
本当に悲惨でどこにも行きたくなくなります。

これは絶対に譲れません。

また、車社会であれば、ファミリー向けは必ず2台は
確保が必要です。
posted by なわたろう at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方の空き家に人気が集まる

都心と地方の両方に住む、二地域居住者が増えて
いるようです。

古民家に人気があるようです。

ただ、まだ供給が追いついておらず、空き家のまま
が多いようです。

物件は人が住んでなんぼですので、ぜひ再利用を
所有者は考えてほしいものです。

伝統の継承や地域の活性化のためにも、ぜひ売却
や賃貸を検討してみてはいかがでしょうか。

空き家を有効利用して地域を活性化しましょう。
posted by なわたろう at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産の頭金はどうやって貯めるか

いざ不動産を始めたいと思っても、誰もが悩むのが
頭金です。

私の考える初期の不動産投資は現金買いですから、
避けては通れません。

ではどうやって貯めればよいのでしょうか?

貯金は言うまでもないですが、それだけでは時間が
かかりすぎます。

私が考える頭金の増やし方は、以下です。

1.新興国株
2.投資信託
3.ネットビジネス

1.と2.はキャピタル狙いのため、今なら中国・インド株
や基準額の低い投資信託がよいでしょう。

確実に増やすなら、積み立てがよいでしょう。

2倍〜数十倍になるものがあるので、分散して仕込ん
でおけば、数年後に十分な資金が貯まります。

これらの頭金は配当・分配金狙いのものとは分けて
おきましょう。(目的が違うので)

次にオススメなのがネットです。
最初は大変ですが、軌道にのれば十分な資金となる
可能性があります。

ネットが得意な人はぜひトライしましょう。
posted by なわたろう at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資は小さく始めること

投資やビジネスの鉄則ですが、不動産投資も小さく
始めることが重要です。

小さいときに失敗も経験し、しっかりと知識と知恵を
蓄えていくのです。

誰もが一度や二度は失敗しています。

いきなり一棟買いなどのハイリスク投資はNGです。
取り返しがつかなくなります。

とすると、購入順序は限られていきます。

1.区分所有
2.戸建orアパート
3.マンション

の順序になります。

まずは1.ですが、都内に限定した方がよいでしょう。
また管理会社もしっかりとした会社をパートナーに
すべきです。
posted by なわたろう at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古住宅市場が活発化

最近はりフォームブームということもあり、新築ではなく
中古物件を購入する人が増えてきているようです。

メリットとしては、新築の半値で買える上、間取りの変更
が自由ということが挙げられます。

資源の有効利用という点でもエコですしいいですね。

アメリカでは中古物件の方が価値が出たりするので、
日本もいずれそうなるかもしれません。

まだ日本では査定がグレーですので、これからどんどん
改善し安心して買いやすくなるでしょう。

中古で一番心配なのが、耐震ではないかと思います。
ここの基準を明確にしてほしいと思っています。

耐震強度の高い物件は価値が出てくるかもしれません。
posted by なわたろう at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

売れる土地の面積は30坪から50坪

一般の住宅として売れる土地の面積は、30坪から50坪が
標準だそうです。

狭小も大きすぎも難しいようです。

竿旗(接道が少ない)は坪単価が下がります。
間口4に対して奥行き6が理想です。
間口は10メートルくらいは欲しいところです。

市街の利用価値の高い立地を除いては、基本このセオリー
が成り立つと思います。

安いからと言って安易に手を出すと、売却のローン返済が
難しくなるでしょう。

住宅を購入する場合の参考にしてみては。
posted by なわたろう at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"使える"設備ベスト10

今の時代、オートロックやバス・トイレ別は当たり前です。
その上で、使える設備のベスト10は以下です。

1位 ディスポーザー
2位 宅配ボックス
3位 IHクッキングヒーター
4位 浴室換気乾燥機
5位 ハンドシャワー水栓
6位 フルオートバス
7位 大型収納
8位 カメラ付きインターホン
9位 複層ガラス
10位 床暖房
※SUMOの新築マンション5.18より

参考になります。
posted by なわたろう at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資はキャッシュフローが重要

不動産投資は第一にキャッシュフローが重要です。

キャッシュフローとは、現金の流れを意味します。
これを意識しないと、黒字倒産してしまいます。

ある物件を購入し最初の家賃が振り込まれるまで
にローンの支払いがあったとします。
当然、キャッシュが手元になければ、払えません。

これでは、すぐに経営が悪化してしまいます。
ですので、キャッシュフローは重要です。

最初は時間がかかるが、現金で購入し手持ちに
余裕をもつことが大切だと思います。

不動産投資では一般的に以下が重要と言われて
います。

1.キャッシュフロー
2.レバレッジ

2.は必ず1.で安全を確保できるまでは手を出すべき
ではないと思っています。
posted by なわたろう at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資のメリット・デメリットを以下に挙げて
みました。

■メリット
・資産が値下がりしにくい
・家賃が値下がりしにくい
・ローンが組みやすい

■デメリット
・空室により赤字化する恐れがある
・建物の維持管理が必要である
・換金性が低い

という訳で、株とか投資信託などの金融商品は、
レバレッジしなければ、マイナスになることは
ないですが、不動産投資は現金購入であっても
空室や維持コスト次第では、マイナスになること
があります。
posted by なわたろう at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産投資は最初の1戸目が大切

不動産投資は最初の1戸目が大切と考えています。

最初に失敗すると、持ち出しが増えるだけで資産が
資産を生むどころか、マイナスになり苦しくなります。

一戸目の買い方としては、

・長期空室の場合に自分達が住める物件であること

もしくは

・客付けのよい管理会社が販売する物件であること

がよいと思っています。

後者はキャッシュがよいでしょう。
また、両者とも1000万円未満の物件がよいでしょう。

前者は近所の物件、後者は日本財宅がよいでしょう。
そんな視点で、現在物件を探しています。
posted by なわたろう at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

お掃除ロボット・ルンバ400万台販売

家の掃除はロボットがしてくれる時代の到来
です。

誰がこんな時代がくると想像したでしょうか?
すごいですね。

高度な技術がよいわけではなくお客様に届く
技術がよい技術です。

自己満足ではなく世の中をことを考えて研究
していますか?



posted by なわたろう at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーストリテイリング「柳井正」 ファーストリテイリング「柳井正」

カンブリア宮殿の人材育成スペシャルでの一言です。

金言5:「希望を持つ人材にしか“回復”はできない」
柳井正 (ファーストリテイリング会長兼社長)

ユニクロの社長の一言です。
ときには挫折したり、愚痴をこぼすことはあるでしょう。

しかし、心の底で希望を捨ててはいけません。
posted by なわたろう at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニトリ「似鳥昭雄」 ニトリ「似鳥昭雄」

カンブリア宮殿の人材育成スペシャルでの一言です。

金言4:「自分の“ロマン”と“ビジョン”を持つ人材」
似鳥昭雄 (ニトリ社長)

夢をもって仕事していますか?
信念をもって仕事していますか?

posted by なわたろう at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エービーシー・マート「野口実」 エービーシー・マート「野口実」

カンブリア宮殿の人材育成スペシャルでの一言です。

金言3:「やった方がいいと思ったことを素直に実行できる人材」
野口実 (エービーシー・マート社長)

意外と勇気がいることです。
信念がないと、できないですね。

posted by なわたろう at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

王将フードサービス「大東隆行」

カンブリア宮殿の人材育成スペシャルでの一言です。

金言2:「黙っていても店長と分かる人材」
大東隆行(王将フードサービス社長)

黙っていても、仕事のできる人間のオーラを出せ
ということでしょうか。

そういう人っていますよね?
posted by なわたろう at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本マクドナルド「原田泳幸」

カンブリア宮殿の人材育成スペシャルの一言です。

金言1:「日々の仕事を期待以上にやり遂げる人材」
原田泳幸 (日本マクドナルドホールディングス会長兼社長兼CEO)

結構難しいですが、当たり前のことを当たり前に
やることが大事です。

大企業だとついつい流されてしまいがちですが、
自分に厳しくしないといけませんね。
posted by なわたろう at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業に年齢は関係ない?

アメリカでは40代、50代の起業家がいるようです。
背景には雇用や年金制度の崩壊です。

つまり、雇用がない、年金では生活できないから
起業しているのです。

日本もいずれそうなるでしょう。

もちろん、起業は若い方がリスク削減や拡大可能
といったメリットはあります。

しかし、年齢が高くても不可能ではありません。

サラリーマンであっても、いつでも起業できるよう
準備をしておいた方がいいと思います。

posted by なわたろう at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファーストリテイリング「柳井正」

柳井正

カンブリア宮殿で人材育成の特集を見ました。
そこで柳井正の一言が気にいりました。

サラリーマンの時代は終わった。
これからは自営業者の時代である。

というものです。

言われたことをやる人材はいらないとのこと
です。

確かに今のサラリーマンはリーダーシップを
発揮できる人が少ないです。

自営業者というのは自分で判断して自分で
責任を取る必要があります。

こういった心意気のある人材を育てなければ
企業は衰退していくことでしょう。
posted by なわたろう at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ今不動産再生ビジネスか?

私は、不動産再生ビジネスをしたいと思っています。

不動産再生ビジネスとは、土地・物件を手に入れ再生し、
賃貸に出して固定収入を得るビジネスです。
商売(売買目的)ではありません。

将来的には、もっと視点を高くし、リゾートとして利用する、
農業をする、飲食店を出すなどその土地に合ったビジネス
をしたいと思っています。
これも商売ではなく、固定収入を得るビジネスです。

商売(売買目的)は浮き沈みが激しく、私には合いません。
特に路線価が高いときはリスクを伴います。

固定収入狙いであれば、路線価の高いときは買いません。
並外れた家賃に設定する必要があり、下がるとどうしようも
ないからです。

なぜ人口が減少するこれからか?

土地・物件価格が下がり、これまでは手の届かなかった
土地・物件が手に入りやすくなります。

不動産価値としてはこれはマイナスですが、不動産再生
ビジネスとしてはチャンスです。

人口が減少しても住む場所は必要です。

メンテナンスしていない、立地が悪い、付加価値がない、
などの物件に人が住まなくなるだけなのです。

つまりビジネスになってきているのです。

ピンチはチャンスです、
これからこの分野は絶対に伸びていくことが予想されます。

利用価値のある中古物件やリフォーム・リノベーション物件
などの需要が高まりつつあります。

資源の有効利用にもなるので、環境にも優しいです。
posted by なわたろう at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生は目標をもつことが大事

私は、絶対に起業して海外生活を実現するんだ!
と強い目標をもっています。

人間目標をもつことが大事です。

どんなに苦しくても、目標をもって生きることが
自分を強くします。

あきらめてはいけません。

人生は短いので、できるだけ若いうちに目標を
設定することが望ましいです。

達成したら達成したで、次の目標をもちましょう。

posted by なわたろう at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

価格に見合ったモノやサービスは売れる

私の信念でもありますが、不景気であっても価格に
見合ったモノやサービスは絶対に売れます。

消費者はよりシビアに選択しますが、そこに価値が
あれば売れると思っています。

安いか高いかは重要でありません。
それに見合う価値があるかどうかが重要です。

もっと言えば、自分の価値もそうです。
自分の価値を考えない人が、モノやサービスの価値を
考えられる訳がありません。

あらゆる面において、価格に見合う価値を常日頃真剣
に考えなければいけない時代ではないでしょうか?

posted by なわたろう at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国から押し寄せてくる波

中国の勢いが止まりませんね。
ついに、ボルボまで買収されてしまいました。

日本の企業もそのうちほとんどが中国系列に
なってしまうかもしれません。

しかし、悪いことではありません。

中国市場を逃すと日本企業はつぶれてしまう
可能性があるからです。

したがって、積極的に中国企業と提携しながら、
業績を伸ばすことは悪くありません。

また、日本への観光も注目です。
中国の富裕層が日本へ旅行し多くのお金を
使ってくれています。

観光業にも力を入れる必要があるかと思います。
posted by なわたろう at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際教養大学

秋田県の国際教養大学が就職で評価が高いようです。

むしろ、一流大学の学生よりも自分の考えをしっかり
もっています。

なんと言っても、顔つきがいいです。
人間ってこんなに変わるんだと思い知らされました。

全て英語の授業、1年間留学必須、インターンシップ
ありと現代のニーズにマッチしています。

今までの日本の大学はあぐらをかいていましたが、
これからは努力しなければなりません。
経営の観点も必要です。

特に一流大学はもっともっと努力が必要で、教育改革
をする必要があります。

世の中に人材を輩出する訳だから、世の中のニーズ
などをしっかりおさえて、教育を変えていかなければ
ならないと思います。
posted by なわたろう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年度の楽天の新卒採用数は300人

10年で一流企業に仲間入りした楽天ですが、新卒採用数が
大企業並みの300人です。

既存の製造業が採用数を減らすなか、高水準です。
時代は変わりつつありますね。

電力関連はずっと安定しているようです。

頑張れ、日本の製造業!

製造業は波が激しいのですが、もうちょっと長期的に採用を
考えて欲しいものです。

やっぱり、年代のバランスを考えて少数でも一定数を確保する
必要があると思います。
posted by なわたろう at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天「三木谷浩史」

三木谷浩史(みきたにひろし)

代表取締役会長兼社長
最高執行役員 EC BU担当役員 証券&投資BU担当役員
クレジット&ペイメントBU担当役員

1988年 3月 一橋大学商学部卒業
1988年 4月 株式会社日本興業銀行(現株式会社みずほコーポレート銀行)入行
1993年 5月 ハーバード大学経営大学院修士号取得

大学院生の本城と二人でインターネットショップを始め、
世界一のIT企業を目指しています。

強い信念と最後の最後の努力で、成功を得ています。
限界から0.5%努力することで、差が開くと教えています。
努力は大事だが、最後の踏ん張りがもっと大事です。

参考になります。
posted by なわたろう at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

求められるリーダ像

リーダは険しい道のりだし楽でない仕事です。

しかし、誰かがリーダにならなければ、世の中
は回りません。

リーダに適切な人もいればそうでない人も多く
いることでしょう。

日本は適切な人をリーダにすることには、残念
ながら遅れています。

奇麗ごとではなく、リーダに求められることは、
以下だと思っています。

心:根性があること
技:知恵があること
体:体力があること
posted by なわたろう at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電気自動車 エリーカ量産へ

大学発のベンチャーがついに量産へ乗り出します。
鳥取県米子市のJT跡地に開発拠点を構えます。

アジアへのアクセスがよく、土地も安いため、
拠点としては申し分がないのでしょう。

大学発のベンチャーとしては、大規模な会社であり、
成功してほしいですね。

次に続く大学発のベンチャーがでてくることを期待
したいと思います。

以上、明るい話でした。
posted by なわたろう at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野リゾート「星野佳路」

「負けず嫌いの御曹司が親への反発をバネにプロの道を
目指したところ、時代の追い風を受けて才能が花開いた」…。
大規模リゾートの買収でにわかに注目を集める星野リゾート
社長です。日経ビジネスより。

星野佳路(ほしのよしはる)

1960年長野県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業後、
86年米国コーネル大学ホテル経営大学院にて経営学修士号
を取得。
シティバンク勤務を経て91年1月、星野リゾートの前身である
星野温泉の社長に就任。

2001年以降、リゾナーレ小淵沢(山梨県)、アルツ磐梯リゾート
(福島県)、アルファリゾート・トマム(北海道)など破綻した
リゾートの買収、再建を手がけています。

中学から慶応で体育会アイスホッケー部出身だそうです。

再生ビジネスというのは非常に興味があります。
日本は不動産はたくさんがあるが、上手く利用できていない
ものがたくさんあります。

その1つがホテル・旅館でした。

それを格安で買収しリフォーム&ニーズを読み取ることで
復活させたのです。
posted by なわたろう at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産再生ビジネスをしたい

いつか不動産再生ビジネスをしたいと思って
います。

これからは、環境などへの配慮から、住居を
維持していく時代になっていくと思っています。

そのため、中古物件を再生して安くて質のよい
賃貸を提供できれば、十分に需要が見込める
と思っています。

中古物件を低価格で再生し、安くて質のよい
賃貸を出す、不動産再生ビジネスがしたいと
思っています。
posted by なわたろう at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界的に注目されるテーマ

今後、世界的に注目される五大テーマは以下です。

・温暖化対策
・水
・食料
・インフラ
・天然資源

これらに重点的に取り組む企業は、長期的に価値が
あるかと思います。

posted by なわたろう at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネオで貸し借り

ガイアの夜明けで新しい金融取引の話をしていました。
銀行を介さずに、個人の貸し借りができるそうです。

当然リスクもあるが、金利もまずまずではないでしょうか。

お金を貸す方も、お金を借りる人のメッセージを
見れるためなんかいいことをした気分になるのが
特徴でしょう。

詳細は以下を参照してください。

https://www.maneo.jp/
posted by なわたろう at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

社長に適齢期は存在する

大前研一の本でも書いてありますが、社長の適齢
は30代中盤から後半のようです。

松下幸之助もビルゲイツも、30代で基盤を築いて
います。

20代は人生経験が浅く、40代は保守的になるため、
30代の半ばが社長に向いているようです。

経験と思い切りの両方が社長には必要なのです。

ほりえもんは確かに若すぎた。。
30代半ばの見識があれば、そんなに叩かれないの
かもしれません。

30代中盤から後半で人生を勝負しよう。
そして、その先の10年、20年を安定させよう。

posted by なわたろう at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

カラカミ観光の株価、暴落

カラカミ観光の株価が暴落して、現在180円と
なっています。

100円切ると見ています。
10万円以下で購入できると見ています。

財務状況もよくないので、金融機関の後押し
がないと厳しいでしょう。

特に、北海道のリゾートホテルが赤字経営に
なっています。

売却も視野に入れた方がいいでしょう。
posted by なわたろう at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

経済的自由を獲得したら

経済的自由を獲得した先のことについて以下のように考えています。

経済的自由を獲得したら、少なくもとお金のために働く必要性はなく
なります。

しかし、仕事をして社会貢献することは、人間として大切なことであり
仕事はずっと継続していきたいと考えています。

そして、最終的には人を教育することで永続的に社会が存続できる
ようにしていきたいと思います。

・財を残すは下
・仕事を残すは中
・人を残すは上
posted by なわたろう at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

インターネット独占販売






posted by なわたろう at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

不労所得が不労所得を生むサイクル

勤労所得がある間は、不労所得には手をつけず資産を増やす
ことに専念した方がいいでしょう。

不労所得の収入は、極力再投資することが大事です。
複利の効果もあり、加速度的に増えていきます。

いずれ不労所得が増えてくると、

勤労所得からの投下資金が不要となり、勤労所得は自由に
使用できるようになります。

早くそういうサイクルにするためにも、不労所得に手をつけず、
再投資していくべきです。

私も現在毎月5,000円〜10,000円を自動的に再投資するように
しています。

サラリーの減少により、貯金ができないなどの余裕がないとき
でも増えていく仕組みを確立しているのです。

これも、「不労所得が不労所得を生むサイクル」の恩恵ですね。
posted by なわたろう at 14:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

不動産投資は都内中古ワンルームから

不動産投資にはリスクがつきものですが、いきなり高額な
土地付きの物件はハイリスクになります。

災害や事件、住人問題などで、一気に空室が広がる恐れ
があり、ローン返済ができなくなります。

そのため、借金なしでコツコツと都内の中古ワンルームを
分散して持つ方が最初はいいのです。

キャッシュフローに余裕ができてきたら、土地付きを購入
すればよいと思います。

以下に、その理由を詳しく書いた本を紹介しておきます。

これらの本は10年以上の不動産投資経験者が語る本で、
非常に説得力があります。





posted by なわたろう at 22:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

サッカー「日本決勝トーナメント進出・ベスト16」

デンマーク戦に3-1で圧倒した勝利を収めました。

本田が絶好調でしたね。
フリーキックといい、ボールキープといい、お見事
でした。

次はパラグアイですが、なんとしても勝ってほしい
です。

いきなり、ブラジルやアルゼンチンなどでよかった
かと思います。

ベスト8までいけば、どこが勝ってもおかしくないと
思うので、後は勢いですかね。

頑張れ、日本!
posted by なわたろう at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

空き家を利用した会議ビジネス

空き家を利用して、会議室として企業に貸し出すビジネスが
好調のようです。

昨日のガイアの夜明けでやっていました。

会議室のために、毎月家賃を払い続けるのはもったいない
ですよね。

不況ではなおさらです。
そこに目をつけたビジネスといえるでしょう。

今後もこういう空き家ビジネスが増えていくことでしょう。
不動産は自分のアイデア次第で変わります。

私はまだまだ勉強が足りないようですので、もっと勉強して
ビジネスモデルを確立していきたいと思います。
posted by なわたろう at 11:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

プロ野球が熱い!

日本のプロ野球が熱い!

メジャーに日本のスター選手が流れてぼやく人がいるが、

私はそうは思わない。

逆に、栗原や大松といったスター選手が次々と出てくる

可能性があるし、日本の野球に対する注目度が増すと

私は思っています。

阪神では2軍に甘んじた赤松や喜田が広島では活躍

しているし、次のスターは必ずいると思います。

プロ野球に注目しよう。
posted by なわたろう at 22:02| Comment(31) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

景気回復

日本の会社はやっぱり堅実であってほしい。

堅実な会社を増やすことが景気回復につながるし、

長い目で見てもよいことだ。

昨今の世界的な急成長に踊らされることなく、

身の丈にあった着実な経営をしてほしい。

そういう会社が増えれば、本当の意味での

景気回復だと言える。

日本は堅実が一番!!
posted by なわたろう at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

経営者の質が低下

昨今の経営者は質が低下しているのではないか?

グローバルとか改革とか世界不況とか、言葉が

専攻して中身がない。

身の丈にあった経営がなぜ出来ないのか?

急成長するために過剰な投資をし、不況になると

リストラする。

そして経営陣は給料をゼロにすることなく、

従業員の給料をカットする。

きちんと反省し、従業員に誠実に説明をすべきだ。

創業者は悲しむぞ。
posted by なわたろう at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

複数ブログ

複数ブログを立ち上げたいという要望があるので、

お答えしよう。

特に、広告が付けられるブログをお勧めする。

一度作ってブログを変えるのは面倒なので、

はじめに選択を間違えない方がよい。

私が実際に使用しているブログは以下である。

1)FC2
 1メールアドレスにつき1ブログ
 シンプルで使いやすい
 広告可能

2)Ninja
 1メールアドレスにつき複数ブログ
 編集が速いので、複数ブログをもちたい人にお勧め
 広告可能(表示数に制限あり)

3)Seesaa
 1メールアドレスにつき複数ブログ
 編集に時間がかかるので、複数ブログはあまりお勧めでない
 広告可能

4)Jugem
 1メールアドレスにつき複数ブログ
 編集が速いので、複数ブログをもちたい人にお勧め
 広告可能(表示数に制限あり)

これらを使っていれば、間違いはないと思う。
posted by なわたろう at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。